スポンサーリンク

 

カリモク60に興味がある人
カリモク60ってどうなんだろう?
中でも、Kチェアはめちゃくちゃかっこいいなぁ
安い買い物でもないし使用感なんか知りたいなぁ

 

どーも、てぃむです。

私は、3年ほど前からカリモク60のKチェア2シーターを愛用しております。

新宿のカリモク60ショールームで購入しましたが、安月給の私にとって決して安い買い物ではなくめちゃくちゃ悩んだのを覚えています。

そこで今回は、実際にカリモク60Kチェア2シーターを3年間使用した感想とメリット・デメリットについて書いていきたいと思います。

ぜひ、購入を検討されている方の参考になればと思います!

 

私が購入したソファ:カリモク60 Kチェア 2シーター スタンダードブラック

【製品情報】

サイズ 幅133.0 奥行70.0 高さ70.0cm
座面高:37.0cm
素材 シート:ビニールレザー
木部:ラバートリー
木部カラー:ウォールナット
値段 59,940円(税込)

 

 

それでは、いってみよーう!

 

スポンサーリンク

カリモク60とは

カリモク60(カリモクロクマル)は日本最大級老舗家具メーカー「カリモク家具株式会社」のブランド。D&DEPARTMENTが主催をする「60VISION」 プロジェクトに賛同し、1960年代から廃盤になることなく作り続けられてきたプロダクトを改めて世に伝えるべく、2002年に誕生しました。 『変わり続ける現代だからこそ変わらない価値を持つモノ』をコンセプトにした、古くて新しいブランドです。

 

カリモク60とは、「カリモク家具株式会社」から派生して作られたブランドであり、1960年代から廃盤になることなく作り続けられてきたプロダクトを改めて世に伝えるべく、2002年に誕生しました。

 

カリモク60:Kチェア2シーター

1962年、初めての自社製品として開発された、カリモクの椅子の第一号です。当時、木製パーツだけで製造していた輸出向け家具の中から、最もシンプルなものを選び、日本の住宅向けに改良がほどこされました。比較的値ごろな価格と扱いやすさ、シンプルなデザインから、旅館のロビーや中小企業の応接間など法人需要に支えられて、時代や流行が激しく移り変わる中でも、Kチェアは一度も廃番になることなく、今日まで生産が続けられてきました。もともとは輸出用家具をお手本にデザインしたため、組み立て式で軽く、コンパクトに輸送ができる構造になっています。そのためパーツごとの交換が可能。長年使い込んでシートだけがへたってしまったり、片方の木肘部分だけタバコで焦がしてしまったり、そんな時も必要なパーツだけ取り寄せて交換することができるので、より長く使い続けることができるのです。

 

カリモク60のKチェアは、カリモクの椅子の原型で初めて製作されたものとなります。

これを踏まえて、感想を述べていきます。

 

Kチェアの魅力:とにかくかっこいい

カリモク Kチェア

めちゃくちゃかっこよくないですか?

私は、まず見た目のかっこよさに一目惚れしました。部屋が一瞬でお洒落な空間に変わるシックな黒と高級感漂う光沢のある色合いはどの部屋にもマッチします。

特に、肘掛けの光沢が3年経った今でも輝いています。

カリモク60 Kチェア

 

Kチェアの魅力:汚れが落ちやすい

私の購入したKチェア限定になってしまいますが、シートがビニールレザーで作られているものは汚れが落ちやすいです。

なぜなら、素材がビニールなので汚れが染み込まないためです。

仮に、なにかこぼしてしまった場合でも湿ったタオルなどで、さっと拭き取るだけで大抵の汚れはきれいに取れてしまいます。

3年使った現在でも、ビニールレザーはほとんど汚れてないです!!

カリモク60 Kチェア

 

Kチェアの魅力:シートが全くへたらない

へたらないって方言ではないですよね?笑

カリモク60のKチェアは、3年経った今でも全くへたることなく座り心地は抜群です!

もともと、ふかふかのソファとはジャンルの違うものになりますが、程よい反発とホールド感があり座った時の安定感があります。

また、仮に不具合が起きても最初の3年間は保証がついており、無償で修理してくれます。この長期保障は「カリモク60」の自社商品の完成度に対する自信の表れでもありますね!

また、愛着が湧いたソファを長く使うためにも、別途アフターサービス(有料)もあります。

 

Kチェアの不満:ビニールレザーの編み目にホコリが溜まる

Kチェアは、ビニールレザーの編み目も魅力の1つなんですが、その小さな隙間に結構ホコリが溜まってしまいます。

しかも、取りにくいです。。。

対処法としては、爪楊枝のような先の尖ったものでかき出して拭き取るか、ソファを叩いて隙間からホコリを弾き出すかです。特に後者のソファを叩くやり方は、手軽にできてきれいになります。

ただ、普段から気付いたら掃除をするのがやはり1番なのでこまめな掃除を心掛けましょう!

Kチェアの注意点:肘掛けが木なので寝れない

ソファでの昼寝が最高のリラックスという方は、絶対に買ってはダメです(笑)

肘掛けが木なので頭を置いて寝ることは、ほぼ不可能です。私は、何度かクッション越しに昼寝を試みましたが、もれなく首を寝違えました∧( 'Θ' )∧

ただ、私はこれを分かってて購入したので大満足です!ソファで寝ることがなくなったので、時間を有効活用できるようになりました。

逆に、ソファでよく寝てしまい時間を無駄にするという方は、肘掛けが木になっているカリモク60のKチェアをおすすめできますね♪

まとめ

カリモク60 Kチェア

カリモク60のKチェアの紹介でした。

私は、まだまだ向こう10年くらいはこのKチェアを使うつもりです!そのくらいお気に入りです。

決して安い買い物ではないですが、個人的には家具は値段が高いほど長く使えるものが多いいような気がします。長く使うと割り切って、購入するのも賢い選択になるかなと思います。

最後に、カリモク60の公式サイトを貼っておくので、可能ならば近くの取扱店で実際に座ってみて決められるのをおすすめします!

 

ここまで、お読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事