スポンサーリンク

 

IKEA好きな奥様
IKEAのクッキング用品って安いし便利なものが多そうだね!
おすすめなんかあると知りたいなぁ

 

どーも、てぃむです。
この記事を書いている私は、IKEAで学生時代約3年ほど短時間正社員として働いておりました。
担当売り場も、大物家具をピックアップするセルフサービスエリア(最後の倉庫みたいなところ)→ソファエリア→クッキングエリアとさまざまなところを経験しました。多分、ヘルプで入ったエリアも足すと未経験のエリアはないと思います。笑
特に、調理器具や食卓用品を扱うクッキングエリアには、約1年半と1番長く働いておりました。
そこで今回は、私が実際に使ってみた中で特に良かった調理器具を5個ご紹介しようと思います!
IKEAに買い物に行かれる予定のある方もない方も、ぜひ参考にしてください。
それでは、いってみよーう!!
スポンサーリンク

IKEAの調理器具:IKEA 365+ 16cm(包丁)

IKEA 調理器具

IKEA 調理器具

1つ目は、包丁です。値段は1999円。

定番のIKEA365シリーズです。私も長年、使っていますが本当に使いやすくてお気に入りです。手に馴染みやすく、程よい重量感があるため食べ物を切るときの安定感は抜群です。

また、全てがステンレススチールでできており継ぎ目がないため、汚れにくく見た目も美しいデザインとなっています。

IKEA365シリーズで15年品質保証がついており、IKEAの自信が伺えます。

正直、値段だけ見るともっとリーズナブルな包丁はありますが、品質と使った使用感からIKEA365の包丁のほうが満足度は高かったです。

 

IKEAの調理器具:ASPEKT アスペクト(包丁研ぎ)

IKEA 調理器具

IKEA 調理器具

包丁研ぎです。値段は599円。

まずは、めちゃくちゃ安いです。正直、最初は「失敗してもいいや」という気持ちで買ったのですが、実際に使ってみると包丁の切れ味は抜群に良くなりました。特に、魚を捌くときの包丁の入り方が全然違くてびっくりしたのを覚えています。

また、研ぎ石で研ぐのと違い力はほとんどいりません。包丁を前後に軽くスライドさせるだけで研ぐことができます。

 

IKEAの調理器具:APTITLIG アプティートリグ(まな板)

IKEA 調理器具

まな板です。値段は999円。

これまた良心的な価格設定です!まな板は、木が好きな方とプラスチックが好きな方がいると思うので一概には言えませんが、私は木のまな板の方がお気に入りです。

なぜなら、表と裏をどちらも使うことができ長く使うとより馴染んでくるからです。プラスチック製も使いましたが、長く使っていると若干曲がってくるため無意識のうちに表と裏が固定されてしまっていました。なので、今は木のまな板を使っています。傷も付きにくいのでおすすめですよ(^O^)/

サイズも何種類もあるので、キッチンの大きさに合ったまな板を選ぶことができます。

 

IKEAの調理器具:OUMBÄRLIG オウムベルリグ(フライパン)

IKEA 調理器具IKEA 調理器具

フライパンです。値段は1499円。

長年、IKEAの299円のフライパンを使っていた私にとって、これは革命でした(笑)

焦げ付かない、くっつかない、質感がいいとなぜ早く買わなかったのかと自分を責めました。

値段も全く高いわけではなく、299円のフライパンが安過ぎただけです(笑)

鍋底は、アルミニウムの中間層をステンレススチールではさんだ厚手の3層構造になっているため、熱まわりがよく、均一に加熱できるため目玉焼きやお肉を焼く時など明らかに時間が短縮されました。

また、蓋は別売りとなっているため忘れずに購入しましょう!!

【STABIL スタビール 699円】

IKEA 調理器具

 

IKEAの調理器具:HEAT ヒート(鍋敷き)

IKEA 調理器具

鍋敷きです。値段は299円。

こちらも、この3枚入りでこの値段でコスパはめちゃくちゃいいです。私は、1人暮らしでなるべく洗い物を増やしたくないので、フライパンで作った料理をそのまま机に運んで食べる時があるのですが、その時にこの鍋敷きは厚く作られているので、机に熱が伝わることなく安心です♪

 

まとめ

今回は、本当に優秀なIKEAの調理器具を5個紹介しました。
この他にも、IKEAにはたくさんの優秀でなおかつ安いアイテムが揃っているのでぜひ1度足を運んでみてはどうでしょうか?(^ ^)
ちなみに、IKEAでは美味しいスウェーデン料理も食べることができるので、買い物が終わった後はお腹いっぱいになって帰ってください!ミートボールがおすすめです!!!
ここまで、お読みいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事