川谷絵音
スポンサーリンク

 

みなさん、こんにちは!

てぃむ(timlog7)です。

ある日の会話

友人A
川谷絵音の才能半端ないね!!ゲスかっけぇ!!!

半端ないね!indigo la endとかもカッコよすぎる!!!

友人A
indigo la end?なにそれ??
悲しい!!すごく悲しい!!!!
川谷絵音といえばゲスの極み乙女、ゲスの極み乙女といえば川谷絵音。
確かにこれは仕方ないのかもしれません。
しかし!!
実は、川谷絵音が参加しているバンドは他にも複数あります。
そして、そのどのバンドもめちゃくちゃかっこいい!!
川谷絵音が参加しているバンド
・ゲスの極み乙女(ボーカル&ギター&キーボード)
・indigo la end(ボーカル&ギター)
・DADARAY(プロデューサー)
・ジェニーハイ(ギター&ボーカル)
ゲスの極み乙女として注目されがちですが、今回は川谷絵音が参加している全4バンドをそれぞれの良さを含めて紹介していきます!!
合わせて、それぞれの私の好きな曲のリンクも貼っておくのでぜひチェックしてください^ - ^
どれも川谷絵音節が炸裂していて素晴らしいです♪
それでは、いってみよーう!!
スポンサーリンク

川谷絵音参加バンドその①:ゲスの極み乙女

ゲスの極み乙女
言わずと知れた超有名国民的バンド「ゲスの極み乙女」
画像右から
  • 川谷絵音→ボーカル、ギター、キーボード、作詞作曲担当
  • 休日課長→ベース担当
  • ほな・いこか→ドラム担当
  • ちゃんMARI→ピアノ、キーボード

 

メンバー全員が川谷絵音によって名付けられた個性的な名前になっています。笑

2012年5月川谷絵音を中心に結成され瞬く間に川谷絵音の才能、メンバーの個性、演奏技術で広く認知されるまでに上り詰めました。

私も2度ライブを見に行きましたが「メンバー全員バケモンですわ(°▽°)笑」

それに川谷絵音の作詞作曲ですからかっこいいに決まってます。

私がライブに行った数ヶ月後くらいに「ベッキー事件」が公になり猛烈にバッシングを受けましたが、ライブを生で聞いた側からすると、干されたとしても確実に戻ってくると確信してました。

 

おすすめの曲はこちら!

「無垢な季節」

「花になったのかな?花になれたのかな?やっぱり涙が止まらないんだ。」ここの歌詞が一番好きです!

ゲスの極み乙女。の曲はどれもとても詩が深いから何度聴いても新しい発見があります。

 

「キラーボール」

MVがめちゃくちゃかっこいいです。楽器隊の技術も半端ないです。

そして、ほな・いこかかわいいです!!笑

ボーカル以外がこんなにも強烈に目立ってるバンドあまりないと思います。

 

川谷絵音参加バンドその②:indigo la End

indigo la End

もともとゲスの極み乙女。より前の2010年に結成された「indigo la End」

画像左から

  • 佐藤栄太郎→ドラム担当
  • 長田カーティス→ギター担当
  • 川谷絵音→ボーカル&ギター担当
  • 後鳥亮介→ベース担当

indigo la Endの良さは何と言っても哀愁の漂うなんとも言えないメロディーです。なんだか懐かしさも感じるギターサウンドに川谷絵音作詞の歌詞が絶妙にマッチします。

昔からの川谷絵音ファンであれば、indigo la Endの川谷絵音の方が好きな方は多いはずです。

私は、いつも気持ち的に落ち着きたいときなどに自然と聞いています。そのくらい心地いいです。

 

おすすめの曲はこちら!

「夏夜のマジック」

正直全て良いので選ぶのが難しいですが、夏夜のマジックはぜひ聞いていただきたいです。

出だしの「ふ〜ふ〜っふ〜ふ〜〜」の始まり方がかっこよすぎて衝撃を受けたのを覚えています。

 

「幸せが溢れたら」

MV含めてこの曲は本当に聴いていて心地いいです。

ぜひ、聴いてください。

 

川谷絵音参加バンドその③:DADARAY

dadaray

私が一番好きなバンド「DADARAY」

2017年9月にメジャーデビューをしており、楽曲は川谷絵音が制作をしています。

結成のきっかけは「大人な雰囲気を感じさせる上質なポップスを軸とする音楽を表現したい」と休日課長が2人に声をかけ、何度かのスタジオセッションを経て正式にユニットを結成したそうです。また、バンド名のDADARAYは、既成の秩序や常識に対する、否定、攻撃、破壊といった思想を大きな特徴とする“DADAISM の DADA”“光を意味する RAY”を組み合わせた造語で、“既成の秩序や常識を破壊する光”という意味合いが込められています。

写真左から

  • えつこ→キーボード、サブボーカル担当
  • REIS→ボーカル、キーボード担当
  • 休日課長→ベース担当

 

DADARAYはアップテンポの曲が多く、旋律がとても美しいのが特徴です。また、休日課長のベースがめちゃくちゃ上手いことに改めて気付かされます(笑)

あと、REISの伸びのある綺麗な歌声も曲の歌詞のマッチしています。

 

おすすめの曲はこちら!

「美しい仕打ち」

この美しいポップス感がたまらないです!!

 

「イキツクシ」

休日課長のベースがめちゃくちゃ心地いいです。REISの力を抜いた歌い方もいいですね(^O^)/

 

川谷絵音参加バンドその④:ジェニーハイ

ジェニーハイ

BSスカパー!「BAZOOKA!!!」の知名度を上げるために始動したプロジェクト。音楽番組や音楽フェスなどへの出演を目標に活動しているバンド「ジェニーハイ」

写真左から

  • 小籔千豊→ドラム担当
  • 川谷絵音→プロデューサー、ギター担当
  • 中嶋イッキュウ→ボーカル担当
  • 新垣隆→キーボード
  • くっきー→ベース担当

 

最初はネタ枠かと思ってました。すみません(笑)

しかし、実際は各方面の天才が集まった超個性派バンドです。

特に、「新垣隆ハンパねぇ!!!!!」世界的ピアニストなので当たり前ですが、、、笑

間違いなく彼が奏でるキーボードがジェニーハイのレベルをぐっと押し上げています!

まだ、2018年3月にデビューしたばかりで荒削り感は否めませんが、川谷絵音プロデューサーの力でどんどんメディアへの露出は増えそうです!

個人的には、ボーカルのイッキュウさんの声が安定してきたら超かっこよくなると思います(^O^)/

 

おすすめの曲はこちら!

「片目で異常に恋してる」

ジェニーハイのデビュー曲となります。川谷絵音っぽさを抑えつつメンバー全員の良いところが引き出せておりめちゃくちゃかっこいいです。※とは言っても、川谷絵音出まくりですがww

特に、世界の新垣さんがこれでもかってくらい曲にスパイスかけまくってます(笑)ぜひ、新垣隆のキーボードに注目しながら聴いてください♪♪

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は川谷絵音一派のバンド紹介でした♪笑

どのバンドも個性があり、絵音ファンの方は聞き飽きなさそうですね!!

今回挙げた曲以外にも素晴らしい曲はイッッッッパイあるので、ぜひチェックしてみてください(^ ^)

 

ここまで、お読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事