スポンサーリンク

 

どうも、てぃむです。

 

今回は、日本のボディビルの礎を築いた筋肉博士こと「山本義徳」さんについてまとめます。

 

山本さんは、トレーニング、栄養学、サプリメントなどについて圧倒的な知識を持っており右に出るものはいないと言われています。

ボディビルを引退後は、知識に裏付けされたトレーニングやサプリメントの指導を、ダルビッシュ有さんをはじめとしたアスリートに行なっています。

 

最近では、トップ筋トレYouTuberのJinさんをコーチとして指導し、見事日本人で3人目の「IFBB PROカード」を取得に導きました。

実際に、Jinさんも動画で「今回のプロカード取得は、山本先生なしでは成し遂げられなかった」と断言しているので、サプリメント、食事の面での影響は計り知れないと思います。

 

 

この記事を読んで分かること
・山本義徳さんの身長、年齢などの基本情報
・山本義徳さんの経歴
・山本義徳さんの戦歴
・ステロイドについて

 

この記事を書いている私は、筋トレ歴約2年で初期の頃から有名YouTuberの動画を参考にトレーニングしております。

その中で、Jinさんの動画でたびたび登場していた山本先生のことが気になり、同じ方が多くいるのではないかと思い今回記事にしました。

 

それでは、日本のボディビルの礎を築いた山本義徳さんについて解説していきます。

 

スポンサーリンク

山本義徳さんの身長、年齢などの基本情報

山本義徳

 

まずは、山本義徳さんのプロフィールについてご紹介します。

名前:山本 義徳
誕生日:1969年3月25日(50歳)
身長:171cm
体重:約90キロ
胸囲:135cm
ウエスト:72cm
職業:元ボディビルダー、パーソナルトレーナー、インフルエンサー

 

まだ、50歳でこの筋肉量を維持できているのが凄すぎます(笑)

 

最後に、YouTube情報と各種SNSについてご紹介します。

YouTube:「山本義徳 後継者養成TV
→チャンネル登録者数約4万人。2019年4月19日開設。
Twitter:「山本義徳 後継者養成TV
→フォロワー約6000人。2019年4月開設。
Instagram:「山本義徳 後継者養成プログラム
→フォロワー約2000人。
Instagram:「berserker325
→フォロワー約2万人。個人アカウント。

これから筋トレを始めようと考えている方は、フォローをおすすめします。

 

 

以上が、山本義徳さんの基本情報となります。

 

山本義徳さんの経歴

山本義徳

 

みなさんが気になっているであろう、山本義徳さんの経歴について紹介します。

 

私はアラサーですが、山本義徳さんが有名YouTuberの動画に出始めるまで全く知りませんでした。

調べていくうちに、こんなにストイックですごい人だったのかと驚かされたので、共有します。

 

出生から高校時代まで

 

山本義徳さんは1969年、静岡県に生まれました。

 

小さい頃はスポーツを特にやっていたわけでなく、高校生になって初めて、当時テレビで流行っていた「スクールウォーズ」を見たのがきっかけでラグビー部に入部しました。

 

その後、ラグビーの練習の一環でウェイトトレーニングをはじめました。

 

トレーニングを始めた当初から、周りの同級生より高重量を挙げることが出来ていたそうで、高校を卒業する頃には体重70kgほどでベンチプレスを140kg挙げていたそうです(笑)恐るべしですね。。。

 

 

大学時代からボディビル大会出場まで

 

山本義徳さんは、静岡県立静岡高校を卒業後、1年浪人をしたのち早稲田大学政治経済学部に進学しました。

 

大学に進学後は早稲田大学のバーベルクラブに所属し、本格的にウェイトトレーニングを開始し、1991年に出場した東京都パワーリフティング大会では優勝という結果を残しています。

 

優勝後はボディビルダーに転身し、1994年には日本で最もレベルの高い大会である、日本ボディビル選手権大会に出場し8位入賞をしています。

 

 

海外挑戦

 

しかしながら、山本さんは1995年に開催されたJBBFの大会の中で、ドーピング抜き打ち検査に陽性反応が出てしまい、2年間の出場停止処分を受けてしまいます。

 

それがきっかけとなり、1995年以降は国内の大会には出場せず海外の大会に出場しています。

 

そして、1995年の「IFBBミスターアジア(ライトヘビー級)」で3位入賞し、1998年の「NPC アイアンマン・アイアンメイデン(ライトヘビー級)」では優勝をという成績を収めました。

 

最後は、2005年の「NPC トーナメント・オブ・チャンピオンズ(ヘビー級)」でまたもや優勝をして、ボディビルの第一線から引退をしました。

 

現在

山本義徳

 

山本義徳さんは現在、ダルビッシュ有さんなどのアスリートの指導、書籍の出版、セミナー活動、最近では自分の後継者を養成するプロジェクトなど多岐にわたって活躍しています。

 

ちなみに、ボディビルを引退して10年以上経ちますが、現役バリバリのJinさんと並んでも全く負けてないです(笑)

山本義徳

 

 

筋トレYouTuberの山澤礼明のチャンネルによく出られているので、良かったらチェックしてみてください。

 

ステロイド使用について

 

結論から言うと、山本義徳さんは過去に「ステロイドを使っている」ことを公言しています。

 

具体的には「アナボリックステロイド」を使用しています。

アナボリックステロイドとは?
アナボリックステロイドとは、筋肉増強剤のことで多くのボディメイクの大会で、使用が禁止されているドーピング薬物です。
短期間での劇的な筋肉増強を実現するとともに、常態で得ることのできる水準を遥かに超えた筋肉成長を促す作用から、運動選手らの間で長年にわたり使用されてきた。
日本では個人の所持、使用の規制はない。

 

しかし、究極の肉体を手に入れるためでステロイド使用のリスクと覚悟を承知の上での使用は、あまり一般人である私たちがとやかく言うことでもないような気がします。

 

なぜなら、山本義徳さんが目指していた「オリンピア優勝」というステージは、「ステロイドなしでは、なかなかフェアな戦いができない」からです。

プロのフィジークやボディビルの世界では、ステロイドを使用しないと優勝は厳しい現状があります。次元の違う戦いがあると割り切るのが良いですね。

 

山本義徳さんがステロイドを使用したことよりも、残してきたものの方が圧倒的に多いので、今後も私は応援します。

想像でしかありませんが、ダルビッシュ有さんも山本先生の指導がなければ、ここまでの活躍はなかったかも知れません。

 

まとめ

山本義徳

 

以上が、山本義徳さんに関する基本情報となります。

 

この記事を読んでいるみなさまは、少なくとも筋トレに興味がある方だと思います。

 

これは私の考えですが、最速で筋肉をつけるには「まず、真似てみる」ことがとても重要だと思います。

私は、約1年自己流で「とりあえず、筋肉痛になれば効いてるっしょ〜」という軽い気持ちで筋トレをしていましたが一向に筋肉はつきませんでした。

 

それから、YouTubeなどで筋トレYouTuberの動画を見つつ、実践することで飛躍的に筋トレの成果が上がりました。

 

具体的には、自己流1年目はベンチプレス40kg→55㎏くらいだったのが正しい知識を取り入れて、1年で55㎏→95㎏まで上がるようになりました。100キロまであと少しです。

 

ぜひ、みなさんもこの記事で山本義徳さんについてよく知った後は、筋トレやってみてください。そして、筋トレで分からないところがあれば、更に参考動画を見るなどして最速で筋トレ成果を出して頂ければと思います。

 

以上、ここまでお読みいただきありがとうございました。

 

他にも、筋トレYouTuberを詳しくまとめているので、良かったらご覧ください^ ^

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事