スポンサーリンク

 

こんにちは、てぃむ(timlog7)です。

「70歳以上まで働く」3割。

朝、新聞を読んで愕然としました。こんなパワーワード聞いたことありません。

日本経済新聞の調査によると、70歳を過ぎても働く意欲をもっている人が3割。高齢者就労を促進する政府の取り組みにあわせてどんどん増えています。一方で、8割近くが老後に不安を感じているそうです。社会保障の負担増や年金の給付減備え、長く働いて収入を得ようとの考えが広がっているためのようです。

ということは、「働く意欲がある」ではなく「働かなければならない」状況だということがわかります。

やっと60歳定年ゴールしたかと思えば「ごめん、あと10年働いて」はなかなか地獄です。笑

では、どうすれば老後をストレスフリーに迎えることができるでしょうか?

今回は、「経済面」と「精神面」の2つの視点で考えてみました!

スポンサーリンク

老後をストレスフリーに過ごすには?:『経済面』

70歳以上になっても働かなければ行けない理由のほとんどは、「お金」です。

このお金の問題をクリアするには、若いうちから対策を取っておかなければなりません。

対策その①:収入源を増やす

会社員の収入だけの一本足打法だけで退職を迎えてしまうと、かなりリスクは高まります。

なぜなら、その収入が無くなってしまうと入ってくるお金が少しの年金のみになってしまいます。すると、自然と年金で足りなかった分を貯金で切り崩すという選択肢しか無くなってしまいます。

だからこそ、収入源を多く持っておくことは大切です。

例えば、、、

  • 不動産収入
  • ブログ収入
  • FX
  • ロボアドバイザーで資産運用
  • 債券

などなどかなり多くの選択肢があります。

早くから、自分にあった投資商品を見つけ老後の資金のポートフォリオを作成することをおすすめします。

ちなみに、アメリカではすでに老後に備えて約4割の人が投資信託を持つという投資大国となっているそうです。

よく「投資は危険だ」とか「貯金が一番」と耳にしますが、私は収入源が1つしかないことの方が1番のリスクになり得ると考えます。

老後に、年金くらいの収入がもう1つあるだけでも心の余裕は計り知れないですよね?

ぜひ、この「収入源を増やす」ことについて一度検討してみてください♪

対策その②:支出を減らす

実は、本当のお金持ちは支出を減らすということを徹底している人が多いです。

なぜなら、徹底して支出を減らした分をまた次の投資の資金に回しているからです。こうしてお金持ちはさらにお金持ちになっていくんですね。笑

少なくとも私たちが実行して間違いのないことは、「支出を減らして浮いたお金で投資をする」「支出を減らして貯金する」ことです。

自分が普段から何にお金を使っているのかを正確に把握し、無駄なものを徹底的に削減する癖をつけていきましょう!!

老後をストレスフリーに過ごすには?:『精神面』

老後をストレスフリーに過ごすには心の余裕が不可欠です。仮に、仕事をするにしてもその仕事が長く続けたい仕事であればストレスは溜まらず、心の余裕は生まれるはずです。

では、この精神面を豊かにする心の余裕を生むには、どのような対策を取っておけばいいでしょうか?

対策その①:好きなことを仕事にする

好きなことを仕事にできれば、ストレスも溜まることはありません。むしろ、時間を忘れて楽しむことも可能です。

例えば、、、

  • 旅行が好き→ブロガー
  • カメラが好き→カメラマン
  • 料理が好き→小料理屋

など自分が本当に好きなことは、案外仕事にできたりするかもしれません。

簡単なことではないですが、それだけ実現できた時の幸福度はかなり高いはずです。

対策その②:自給自足する

ふざけているようにも感じますが、心に余裕を持つ上で働かなくとも死なないということは大切な要素となってきます。

とりあえず、死なない状況を作ることで好きなことを仕事にする近道にもなるかもしれません♪

 

まとめ

いかがでしたでしょうか??

老後を幸せに過ごすには

  1. 収入源を増やす
  2. 支出を減らす
  3. 好きなことを仕事にする
  4. 自給自足をする

がポイントになってきます。

私は老後は絶対のんびり過ごしたいです!!!!笑

そのためにも今から、できることを始め実践に移していきたいと思います。

みなさんもぜひ、老後のために検討してみてください♪

 

ここまで、お読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事