思考停止してるゴリラ
スポンサーリンク

 

みなさん、こんにちは。てぃむです。

私は、社員800名弱の大企業になり切れない中小企業に勤めています。ゴリゴリの営業をしており、得意先に顔を見せる回数で数字(実績)が左右するような古いスタイルの営業マンです。(とは言いつつも、まだまだこのスタイルは多いですよね。)

いきなりですが、「思考停止しているサラリーマン」と聞いて誰を思い浮かべますか?

先輩...後輩...同期...上司...はたまた自分...と思い浮かべるまで1秒とかからないでしょう。

世の中には、数え切れないほどの「思考停止しているサラリーマン」が存在しています。ですが、ネットで調べてみるとなぜ思考停止するのか?ばかり書かれていてあまり具体例が見つかりませんでした。なので、今日は私の会社で実際に思考停止している同僚を紹介しながら最後に改善案を出してみたいと思います。

みなさんも会社で思い当たる人を思い浮かべながら聞いていただければ幸いです。

スポンサーリンク

思考停止会社員:上司に思考を止められた同期

1人目は私の同期です。彼は、完全に思考がストップしています。と言うのも、全てを上司に管理されており考えなくとも仕事ができているからです。(実績が出てるとは言ってない)

毎日毎日、上司から言われた指示を達成するためにせっせと働いています。何日にA社に行って〇〇さんに会ってこういう話をしてこいまで指示されているのでほんとにきついです。

たまに電話した時には、「なんか俺、上司のおつかいしてるわ」と言っていたのがかなり印象的でした。

例えるなら、毎日が初めてのおつかい状態です。ママ(上司)から言われた食材(タスク)をなんの疑いもなく買いに行く。そして、自分で考えて判断していないためそこに責任感が生まれず食材(タスク)を間違えてしまう。まさに、悪循環です。

もちろん彼の数字(実績)はぼろぼろです。上司は数字のいかない彼を怒り、彼は指示通りにやったのに数字がいかないのは上司のせいだと言う。話が全く噛み合わずもっと深みに落ちてしまいます。

では、どうすればいいのでしょうか?

改善提案その1:自分を主張し続ける

言い換えれば、「自分を持つ」ということです。

私は、自分に人の人生を歩む時間などないと考えます。仕事でも同じで、他人から言われた仕事をただやることほど楽しくないことはありません。自分で考え、主張することにより、初めて、その行動に「なぜやるのか?」「やってどういう結果を得たいのか?」が生まれます。

仮に、上司のおつかいだとしても、少し自分の考えを織り交ぜてあげるだけでその仕事の達成感や幸福度はかなり良い方に変わります。

改善提案その2:目的に対する本質を掴む

これもかなり大切です。

要は、「シンプルに考える」ということです。

彼は、営業をして数字(実績)を出すことが仕事です。上司からの指示もなぜその行動をするのか?を繰り返していけば最後には必ず「数字(実績)を出すため」が来るはずです。その仕事をする上で、もし上司に思考を止められたままで仕事が上手くいかないのであれば素直にやめるべきです。

目的に対する本質を掴むことにより、極論思考停止して目的が達成されるのであればそれは本質を掴んでいると言えます。つまり、上司の指示だけ聞いていて数字(実績)が達成するのであればそれはそれで正解です。ただ、ほとんどの場合思考停止のままだといつまで待っても本質は掴めないでしょう。

まとめ

思考停止したままの人生は、死んでるも同然です。

特に、これからの世の中は自己主張できる人間が頼りにされ責任のある仕事を任せられ、思考停止した人間は駒のように使われることでしょう。

人生の大半を占める仕事をもっと有意義な時間にするためにも思考停止から1秒でも早く脱して自分で考えられる人間に成長していきましょう!

ここまで、お読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事